名古屋市千種区 口コミ上位の池下整骨院 骨盤矯正・交通事故治療・スポーツ整体などもご相談ください。

オスグッド病

  • HOME »
  • オスグッド病

 

2押すぐっと 

<オスグッド病とは>

<オスグッド病>とは・・・

正式名称をオスグッド・シュラッター病と言います。

10~15歳の成長期の子供が走ったり跳んだりといった動作を繰り返すことでみられるスポーツ障害のことです。

特にスポーツとして、サッカーや陸上競技、バスケットボール、バレーボールなどに好発します。
「膝のお皿の下の頚骨粗面部を押さえると痛い」、「大腿四頭筋という筋肉を使う際(走る・跳ぶなど)に痛みが生じる」などの症状があらわれてくるのが特徴です。

 

basketball_shot

▪■オスグッド病はなぜ起こるの?■▪

オスグッド病では、大腿部の前面の筋肉が、その付着部である脛骨粗面(脛の前)の骨を引っ張ってしまうことで、骨が出っ張ってしまう状態になります。

過度な運動を行い、大腿四頭筋が過剰に働くことで、脛骨粗面は常に引っ張られて炎症をが起きてしまいます。
小学生や中学生など成長期の子供では、筋肉の成長が骨より遅いので慢性的に脛骨粗面に負担が掛かることと、脛骨粗面が軟骨で軟らかい為、引っ張られ続けることで脛骨粗面が剥離してしまいます。
その結果、膝に痛みが出てしまうのです。

また痛みをガマンしてスポーツを続けると、さらに疲労が溜まり筋肉が硬くなってしまい、どんどん痛みが強くなります。そして膝の下の骨の軟骨部分が引っ張られて前方に膨らんだ状態に骨が変形してしまいうのです。そして、出っ張ったまま骨化して、後遺症となることもあります。

そのため、早期の治療がとても大切になります。早期の治療を行うことで、変形が強くなるのを防ぎ、早い痛みの改善にもなるのです。

 

 

<岐阜 ボディメンテナンス池下接骨院・整体院 オスグッド病の施術法>

オスグッド病の治療では、脛骨粗面を引っ張っている原因の筋肉に対してアプローチしていきます。

しかし、実はオスグッド病は、脛骨粗面を引っ張っている大腿四頭筋のみが膝の痛みの症状を引き起こしているわけではないのです。

そのため、大腿四頭筋へのアプローチだけでは、症状が一旦は良くなったとしても、運動を再開すると症状が再発してしまうことがあるのです。

 

そうならない為にボディメンテナンス池下接骨院・整体院では、なぜオスグッド病になってしまったのかを明確にしていき、その上で、姿勢から正していきます。

①骨盤矯正

骨盤矯正を行い、骨盤が歪んでしまったことから片側だけにかかっていた体重を左右均等にかかるようにしていきます。バランスを整えることで、痛みの根本から改善していくことにつながります。

 

②電気治療や手技、ストレッチ

長い間、体重の負担が掛かり続けて固くなってしまった筋肉に対してこれらの施術を行い、固くなってしまった筋肉の緊張を緩和し、症状の改善していきます。また、鍼治療も行っていますので筋肉の緊張が強い場合などは、鍼治療を行い筋肉の柔軟性を出すことも出来ます。

 

オスグッド病が再発しないように、自宅で出来るストレッチやセルフケア方法なども随時お伝えしていきます。
オスグッド病は、放っておくと症状がますます悪くなってしまうこともあります。そのため、早期治療がとても大事になってきます。

スポーツをしていると膝に痛みが出る、安静にしていても膝の痛みが治まらないなど、些細なことでも、気になることやお悩みがありましたら、

一度ボディメンテナンス池下接骨院・整体院へご相談ください!!

 

 

<名古屋市千種区池下 ボディメンテナンス池下整骨院・整体院>
<施術の流れ>

1受付 2カウンセリング 3検査

1.問診表をお渡しいたします。ご記入をお願いします。
2.お体の具合や痛み方について、丁寧にお話を伺います。
3.お体の状態を検査していきます。

4施術 5施術方針の説明 6お大事に!

4.今の状態や痛みに合わせて施術を行っていきます。
5.今後の施術の方針を丁寧にご説明します。
6.本日の施術は終了となります。お大事に!

お問い合せ・ご相談はこちら

ボディメンテナンス池下整骨院・整体院 052-753-3312 お気軽にお問い合せ・ご相談下さい。

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.