こんにちは。

今日はじめましてで書かせて頂きます、ボディメンテナンス池下整骨院の鍼灸師の菱田です。

これから池下整骨院で皆様のお体の治療のお手伝いをさせて頂きます!!

少しずつ雨も多くなり各地で梅雨入りしてくるみたいですね。

こんな季節の変わり目は自律神経の乱れで眠れなかったり、頭痛があったり、時にはぎっくり腰になる人も少なくありません。

梅雨の時期に体調を崩しやすい原因は、気温や湿度や気圧の急激な変化だと言われています。

梅雨は春から夏へと移行する季節の変わり目ですし、長く雨が続いたり、晴れの日と雨の日が交互に繰り返されたりするのが特徴です。そうした気象や天候は大きな気温差を生み、日によって気圧や湿度も激しく変化します。

この気象や天候の変化にカラダが対応できず、体調になんらかの悪影響が出てしまう症状を「気候病」と呼びます。

気候病の症状としては、体のだるさや疲れ、やる気の減退や食欲不振、頭痛や下痢、手足の冷えやむくみ、古傷の痛みなどが挙げられます。

また、場合によっては、関節リウマチや神経痛、心筋梗塞や狭心症、血栓や脳出血、気管支喘息や急性虫垂炎などといった重い症状を引き起こすこともあるでしょう。

特に自律神経や気管支や心臓などに問題を抱えている人は、充分な注意が必要です。

梅雨の気象や天候によって起こるさまざまな悪影響は、日常的な体調管理によって予防することができます。

まず気をつけたいポイントは、こまめな体温調節です。梅雨の時期は急な雨による気温低下や、夕方の冷え込みなどによって、体調を崩してしまうケースが考えられます。

そのため、外出する時は防寒用の上着を1枚持っていくといいでしょう。気温の高い日が続いても慌てて衣替えをせず、冬用や春用の衣服をいつでも取り出せるよう準備しておくことが大切です。

また、ゆっくり入浴して体を温めることも体調維持に有効です。気温や湿度や気圧の激しい変化は、自律神経のバランスを乱すことがありますので、しっかりと体を温めて血行を促進し、自律神経のバランスを整えるようにしましょう。

さらに、入浴後に筋肉をほぐすことによって、より効果的に体をケアできます。それから入浴やストレッチなどで心身ともにリラックスできれば、睡眠の質にも繋がるでしょう。

質の高い睡眠を充分に取ることで、乱れた体の機能を安定させることが可能です。

当院の骨盤矯正を受けてもらい血液の流れをよくしたり、自律神経の乱れを無くし6月を乗り切りましょう!!

他にもハイチャージという自律神経を整えてくれたり筋肉の回復速度を上げてくれたりする電気機械もあるのでオススメです!

毎年梅雨の時期で頭痛に悩まされている人、眠れない人ぜひ1度当院の施術を体験してみて下さい。

5月から新入社員や異動で人数も増え活気づいてきているので院の中に入った瞬間から元気を別けれるように対応させて頂きます!